みっちゃんラボ

2013年06月29日

ログインしているユーザ名と利用状況を表示するwコマンド

最近、さっぱり勉強が進んでいません。頑張らねば :(

今日は、UNIXコマンドのwについて。


w

読み方: だぶりゅー

機能: 現在ログインしているユーザ名と、その作業内容を表示する

書式:

w [オプション] [ユーザ名]

オプション:

-h ヘッダを表示しない

-u 現在のプロセスとCPU時間を計算しているときに、ユーザ名の違いを無視する

-s ログイン時刻、JCPU、PCPUを表示しない

-f FROM項目を表示しない

引数:

ユーザ名 指定したユーザの情報のみ表示する

使用例:

(環境: Linux Mint Linux Mint 14 Cinnamon)

Terminalを開いて、以下のコマンドを実行する。

$ w

すると…

 01:18:32 up 34 min,  2 users,  load average: 0.77, 0.35
USER     TTY      FROM             LOGIN@   IDLE   JCPU   PCPU WHAT
micchan  tty8     :0               00:45   33:45   2:19   0.31s gnome-session --session cinnamon
micchan  pts/3    :0               01:18    0.00s  0.12s  0.00s w

ログイン中なのは、micchanで、4行目のWHAT項目にwとあり、いましがた端末を開いてwコマンドを実行している様子が分かります。

ヘッダ項目の6番目、JCPUとは、ユーザが使用しているTTYから実行されている全プロセスが使った時間。

7番目のPCPUとは、WHAT項目で記されているカレント・プロセスが使っている時間を表しています。

豆知識:

whouptimeps -aという3つのコマンドを1つに組み合わせたものです。

Larry Greenfield と Michael K. Johnsonのバージョンを基に、ほとんど全部が Charles Blake によって書き直されました。

 


参考リンク:

  1. w (UNIX) - Wikipedia (ja.wikipedia.org)
  2. UNIXコマンド - w (www.k-tanaka.net)
  3. Linuxコマンド集 【w】 ログインしているユーザー名と処理内容を表示する:ITpro (itpro.nikkeibp.co.jp)

 

Posted by みっちゃん  Updated at 29 Jun 2013  Category unix  Tags command w system 
comments powered by Disqus